馴染みがあまり無い業者も査定してみる価値はあります

中古車
車買取の査定先業者はどうしてもCMなどでお馴染みの大手業者に偏りがちですが、馴染みの薄い業者でも査定しておきたいところもあります。
ここでは私の査定申し込み経験上、あるいは知り合いからの口コミなどで評価の高い業者を紹介しましょう。

まずは関西方面の方にとっては馴染みあるハナテン、そしてそのグループ業者であるビッグモーターです。
直接買取った車は自社で販売するというネットワークを持っており、店舗も多いことと独自査定で車種によっては全国企業よりも10万円高く買取ってくれたというケースがあります。

もう1つは愛車広場カーリンクです。
こちらは馴染みが薄いものの全国に約70店舗あり委託販売という他社には無い買取システムが自慢です。

コストを大幅にカットしているため、私も目を疑うほどの査定額が提示されたことがあります。
穴場的な感覚で一つ査定してみても良いかもしれません。
中古車査定するならこちらがオススメです。

一括査定サイトのズバット車買取比較ではこれらの業者で査定が可能ですので、利用して比べてみるのも良いでしょう。

ヒヤッとしたクルマの思い出

レンタカー
クルマを運転して、ヒヤッとした思い出というのはいくつになっても忘れられないものです。
まるで戒めのように、いつまでも心の中に突き刺さっているのです。

私にとってのヒヤッとした思い出は、20歳の頃、免許とって1年ぐらい経った時のことです。
仕事で2tトラックを運転していたのですが、トラックの荷台に縛り付けておいたはしごを思いっきりホテルの玄関先にぶつけてしまったのです。

そのホテルは、お世話になっている仕事先のお客様でした。
心底その場から逃げ出したい、と思っていました。

ホテルに与えた損害は、金具の部分がへこんだくらいで約10万円ほどですみました。
契約を打ち切られるのではないかとひやひやしてしていましたが、契約続行で最悪の事態は避けることができました。

クルマを運転することが恐い、と思った経験はこの事件以降ありません。
とにかく、クルマを運転する時には、慎重すぎるほど気を遣っています。

このヒヤッとした思い出のせめてもの救いは、人を傷つけなくてすんだことです。