消費者金融の審査が通らない理由は?

日頃の暮らしの中でお金に困った時、消費者金融の借り入れサービスを活用すれば不足額を簡単かつスピーディーに補充することが可能となります。とりわけキャッシングやカードローンといった少額融資であれば即日審査、即日融資もできますので、差し迫ったお金の必要性にも対応可能です。

 

しかし消費者金融を活用する上では審査に通らないこともままあります。どこの地点で引っかかってしまったのかを紐解いてみると、まずは申請内容がきちんと正しく記載されているかどうかが重要です。虚偽内容があると一発で落ちてしまいます。

 

また、信用情報機関への照会において、過去に返済不能になったり返済が遅れるなどのブラック情報が記録されていたり、あるいは短期間に複数の業者に申請して審査落ちを繰り返すと申し込みブラックとして記録されてしまいます。さらに現時点での他者からの借入総額がすでに総量規制の限度となる年収の3分の1のラインを超えていても審査に通らない状態となります。そして勤務先への在籍確認の電話にて本人の勤務実態が確認できない場合にも審査は通らないでしょう。

 

これに加えて、各消費者金融には個々が定めた規約や融資基準が存在します。業者によってどの職業の人をターゲットとするのか、どれくらいの年収であれば融資を行うのか、限度額をどのくらいに設定するのかといった部分では大きな違いが生じます。そのため同じ条件でも通りやすい業者と通りにくい業者が出てきますので、申請先を選ぶ上では慎重な判断が必要です。
参考サイト:借りやすい消費者金融!ブラック・自己破産・債務整理でもOK

カードローンとは?

普段なんとなく使っているため、あまり考えたことがないかもしれませんが、カードローンとはなんでしょうか?

 

カードローンとは、銀行や共同組織金融機関が行う資金の貸付の一種に定義されます。金融機関が発行するカードを利用して借り入れなどを行うローンのことをいいます。金融機関と個人の契約によって貸し出し枠などが決められ、その範囲内でATMやCDなどから資金を引き出すことができるようになっています。

 

原則として借りた資金の使いみちは自由となっていることがほとんどですが、事業性資金として使うことは認められていません。ただし金融機関によっては、個人事業主向けの事業資金用カードローンを設定しているところもあります。

 

カードローンで肝心のカードですが2種類に分かれており、普通預金のキャッシュカードにローン機能が付帯されるものと、専用のローンカードが発行されるものとになります。専用ローンカードが発行されるカードローンは多くの場合、その金融機関の口座を作る必要がありません。ただし返済は自動引き落としでなく、カードを使ってATMなどから入金する必要があります。

 

どういった人がカードローンを申し込むことができるのかは、それぞれの金融機関によって基準が違います。年齢、職業、年収、居住年数などが規定されているカードローンがほとんどです。

 

メリットとしては、貸金業者よりも金利が低いこと、銀行系であれば総量規制の対象外となることがあげられます。また残高不足の時の自動融資機能などがついている場合もあります。